コンテンツにスキップ

刑法第15条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

条文[編集]

(罰金)

第15条
罰金は、1万円以上とする。ただし、これを減軽する場合においては、1万円未満に下げることができる。

解説[編集]

Wikipedia
Wikipedia
ウィキペディア罰金の記事があります。
罰金について定めた規定である。なお1万円未満を科すものとしては、科料がある。
罰金、科料及び没収の財産刑は、判決確定後、任意の履行となるが、履行されない場合、判決は執行力のある債務名義と同一の効果を有し、任意履行がない場合は、民事執行法の手続きにより強制執行される。
強制執行によっても、罰金又は科料の額が完納できない場合は、労役場留置(刑法第18条)となる。

参照条文[編集]


前条:
刑法第14条
(有期の懲役及び禁錮の加減の限度)
刑法
第1編 総則
第2章 刑
次条:
刑法第16条
(拘留)
このページ「刑法第15条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。