刑法第160条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(虚偽診断書等作成)

第160条
医師が公務所に提出すべき診断書、検案書又は死亡証書に虚偽の記載をしたときは、3年以下の禁錮又は30万円以下の罰金に処する。

改正経緯[編集]

2022年改正により、以下のとおり改正。施行日については未定(2022年10月6日時点)。

(改正前)禁錮
(改正後)拘禁刑

解説[編集]

Wikipedia
ウィキペディア文書偽造罪#虚偽診断書等作成罪の記事があります。


参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
刑法第159条
(私文書偽造等)
刑法
第2編 罪
第17章 文書偽造の罪
次条:
刑法第161条
(偽造私文書等行使)


このページ「刑法第160条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。