刑法第161条の2

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

条文[編集]

(電磁的記録不正作出及び供用)

第161条の2
  1. 人の事務処理を誤らせる目的で、その事務処理の用に供する権利、義務又は事実証明に関する電磁的記録を不正に作った者は、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
  2. 前項の罪が公務所又は公務員により作られるべき電磁的記録に係るときは、10年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。
  3. 不正に作られた権利、義務又は事実証明に関する電磁的記録を、第1項の目的で、人の事務処理の用に供した者は、その電磁的記録を不正に作った者と同一の刑に処する。
  4. 前項の罪の未遂は、罰する。

解説[編集]

本条は電磁的記録に対する公共の信用を保護する規定である。

電磁的記録不正作出及び供用の罪を参照。

参照条文[編集]

判例[編集]

前条:
刑法第161条
(偽造私文書等行使)
刑法
第2編 罪
第17章 文書偽造の罪
次条:
刑法第162条
(有価証券偽造等)
このページ「刑法第161条の2」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。