刑法第20条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(没収の制限)

第20条
拘留又は科料のみに当たる罪については、特別の規定がなければ、没収を科することができない。ただし、第19条第1項第一号に掲げる物の没収については、この限りでない。

解説[編集]


前条:
刑法第19条の2
(追徴)
刑法
第1編 総則
第2章 刑
次条:
刑法第21条
(未決勾留日数の本刑算入)
このページ「刑法第20条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。