刑法第202条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

条文[編集]

(自殺関与及び同意殺人)

第202条
人を教唆し若しくは幇助して自殺させ、又は人をその嘱託を受け若しくはその承諾を得て殺した者は、6月以上7年以下の懲役又は禁錮に処する。

解説[編集]

参考[編集]

旧刑法において、殺人罪については以下の通り規定されていた。

第五節 自殺ニ関スル罪
第三百二十条 人ヲ教唆シテ自殺セシメ又ハ嘱託ヲ受ケテ自殺人ノ為メニ手ヲ下シタル者ハ六月以上三年以下ノ軽禁錮ニ処シ十円以上五十円以下ノ罰金ヲ附加ス其他自殺ノ補助ヲ為シタル者ハ一等ヲ減ス
第三百二十一条 自己ノ利ヲ図リ人ヲ教唆シテ自殺セシメタル者ハ重懲役ニ処ス

英文出典等[編集]

(Inducing or Aiding Suicide; Homicide with Consent)

Article 202 A person who induces or aids another to commit suicide, or kills another at the other's request or with other's consent, shall be punished by imprisonment with or without work for not less than 6 months but not more than 7 years.

参照条文[編集]

判例[編集]

前条:
刑法第201条
(予備)
刑法
第2編 罪
第26章 殺人の罪
次条:
刑法第203条
(未遂罪)
このページ「刑法第202条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。