コンテンツにスキップ

刑法第201条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

条文[編集]

(予備)

第201条
第199条の罪を犯す目的で、その予備をした者は、2年以下の拘禁刑に処する。ただし、情状により、その刑を免除することができる。

改正経緯[編集]

2022年、以下のとおり改正(施行日2025年6月1日)。

(改正前)懲役
(改正後)拘禁刑

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

  1. 殺人予備(最高裁決定昭和37年11月8日)刑法第60条
    殺人予備罪の共同正犯にあたるとされた事例。
    殺人の目的を有する者から、これに使用する毒物の入手を依頼され、その使途を認識しながら、右毒物を入手して依頼者に手交した者は、右毒物による殺人が予備に終つた場合に、殺人予備罪の共同正犯としての責任を負うものと解すべきである。

前条:
刑法第199条
(殺人)
刑法第200条 削除
刑法
第2編 罪
第26章 殺人の罪
次条:
刑法第202条
(自殺関与及び同意殺人)
このページ「刑法第201条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。