刑法第218条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(保護責任者遺棄等)

第218条
老年者、幼年者、身体障害者又は病者を保護する責任のある者がこれらの者を遺棄し、又はその生存に必要な保護をしなかったときは、3月以上5年以下の懲役に処する。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
刑法第217条
(遺棄)
刑法
第2編 罪
第30章 遺棄の罪
次条:
刑法第219条
(遺棄等致死傷)
このページ「刑法第218条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。