刑法第45条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(併合罪)

第45条
確定裁判を経ていない二個以上の罪を併合罪とする。ある罪について禁錮以上の刑に処する確定裁判があったときは、その罪とその裁判が確定する前に犯した罪とに限り、併合罪とする。

解説[編集]

本条は、w:併合罪となる場合を定めたものである。

判例[編集]


前条:
刑法第44条
(未遂罪)
刑法
第1編 総則
第9章 併合罪
次条:
刑法第46条
(併科の制限)
このページ「刑法第45条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。