刑法第223条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

条文[編集]

(強要)

第223条
  1. 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、3年以下の懲役に処する。
  2. 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
  3. 前2項の罪の未遂は、罰する。

解説[編集]

w:強要罪を参照。

参照条文[編集]

判例[編集]

  • 強要、毀棄(最高裁判例 昭和25年04月21日)勞働組合法第1條2項(改正前),勞働組合法第10條(改正前),刑法第261条


前条:
刑法第222条
(脅迫)
刑法
第2編 罪
第32章 脅迫の罪
次条:
刑法第224条
(未成年者略取及び誘拐)
このページ「刑法第223条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。