刑法第34条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(時効の中断)

第34条
  1. 死刑、懲役、禁錮及び拘留の時効は、刑の言渡しを受けた者をその執行のために拘束することによって中断する。
  2. 罰金、科料及び没収の時効は、執行行為をすることによって中断する。

解説[編集]

本条は、刑の時効について、時効の中断を定めた規定である。


このページ「刑法第34条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。
前条:
刑法第33条
(時効の中止)
刑法
第1編 総則
第6章 刑の時効及び刑の消滅
次条:
刑法第34条の2
(刑の消滅)