刑法第96条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

条文[編集]

(封印等破棄)

第96条
公務員が施した封印若しくは差押えの表示を損壊し、又はその他の方法によりその封印若しくは差押えの表示に係る命令若しくは処分を無効にした者は、3年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

解説[編集]

w:公務の執行を妨害する罪を参照。

改正前条文[編集]

公務員が施した封印若しくは差押えの表示を損壊し、又はその他の方法で無効にした者は、2年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。

参照条文[編集]

判例[編集]

前条:
刑法第95条
(公務執行妨害及び職務強要)
刑法

第2編 罪
第5章 公務の執行を妨害する罪

次条:
刑法第96条の2
(強制執行妨害目的財産損壊等)
このページ「刑法第96条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。