労働基準法第58条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタール労働基準法)(

条文[編集]

(未成年者の労働契約)

第58条  
  1. 親権者又は後見人は、未成年者に代つて労働契約を締結してはならない。
  2. 親権者若しくは後見人又は行政官庁は、労働契約が未成年者に不利であると認める場合においては、将来に向つてこれを解除することができる。


解説[編集]

参照条文[編集]

  • [[]]()

判例[編集]

  • [](最高裁判例 )[[]],[[]]



このページ「労働基準法第58条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。