コンテンツにスキップ

労働基準法第59条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

コンメンタール労働基準法

条文[編集]

第59条  
未成年者は、独立して賃金を請求することができる。親権者又は後見人は、未成年者の賃金を代って受け取ってはならない。

解説[編集]

前条第1項の趣旨同様、親権者等による子の私物化を回避するものである。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
労働基準法第58条
(未成年者の労働契約)
労働基準法
第6章 年少者
次条:
労働基準法第60条
(労働時間及び休日)
このページ「労働基準法第59条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。