コンテンツにスキップ

労働安全衛生法第66条の7

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

労働安全衛生法)(

条文[編集]

(保健指導等)

第66条の7  
  1. 事業者は、第66条第1項の規定による健康診断若しくは当該健康診断に係る同条第5項ただし書の規定による健康診断又は第66条の2の規定による健康診断の結果、特に健康の保持に努める必要があると認める労働者に対し、医師又は保健師による保健指導を行うように努めなければならない。
  2. 労働者は、前条の規定により通知された健康診断の結果及び前項の規定による保健指導を利用して、その健康の保持に努めるものとする。

解説[編集]

  • 第66条(健康診断)
  • 第66条の2(自発的健康診断の結果の提出)

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「労働安全衛生法第66条の7」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。