古典ラテン語/相関詞/代名形容詞

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相関代名形容詞[編集]

相関代名形容詞 (correlative pronominal adjectives

一覧表[編集]

古典ラテン語:相関代名形容詞
疑問詞
Interrogative
不定詞
Indefinite
指示詞
Demonstrative
関係詞
Relative
不定関係詞
Indefinite Relative
基本 quis,
quī
quis, quī
aliquis,
quīvīs
is, iste,
ille,
hic
quī quisquis,
quīcumque
両数 uter uterque uter (utercumque)
品質 quālis tālis quālis (quālis,
quāliscumque)
サイズ quantus aliquantus tantus quantus (quantuscumque)
quot aliquot tot,
totidem
quot (quotquot,
quotcumque)
順番 quotus totus quotus quotuscumque

おもな相関代名形容詞[編集]

相関詞 型1 型2 品詞 意味 備考
quisquam,
quisquae,
quidquam
不定 基本 代名詞 誰も、何も [語源] quisquam


脚注[編集]


参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連記事[編集]

英語版ウィクショナリー

外部リンク[編集]