司法書士法第24条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタール>司法書士法

条文[編集]

(秘密保持の義務)

第24条
司法書士又は司法書士であつた者は、正当な事由がある場合でなければ、業務上取り扱つた事件について知ることのできた秘密を他に漏らしてはならない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
司法書士法第23条
(会則の遵守義務)
司法書士法
第4章 司法書士の義務
次条:
司法書士法第25条
(研修)


このページ「司法書士法第24条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。