コンテンツにスキップ

商業登記法第13条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学民事法商業登記法コンメンタール商業登記法

条文[編集]

(手数料)

第13条
  1. 第10条から前条までの手数料の額は、物価の状況、登記事項証明書の交付等に要する実費その他一切の事情を考慮して、政令で定める。
  2. 第10条から前条までの手数料の納付は、登記印紙をもつてしなければならない。ただし、法務省令で定める方法で登記事項証明書又は印鑑の証明書の交付を請求するときは、法務省令で定めるところにより、現金をもつてすることができる。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
商業登記法第12条の2
(電磁的記録の作成者を示す措置の確認に必要な事項等の証明)
商業登記法
第2章 登記簿等
次条:
商業登記法第14条
(当事者申請主義)


このページ「商業登記法第13条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。