コンテンツにスキップ

商業登記法第145条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学民事法コンメンタール商業登記法

条文[編集]

(審査請求事件の処理)

第145条
登記官は、審査請求を理由がないと認めるときは、その請求の日から三日内に、意見を付して事件を第142条の法務局又は地方法務局の長に送付しなければならない。

解説[編集]

  • 第142条(審査請求)

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
商業登記法第144条
(審査請求事件の処理)
商業登記法
第4章 雑則
次条:
商業登記法第146条
(審査請求事件の処理)


このページ「商業登記法第145条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。