商業登記規則第18条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール商業登記法コンメンタール商業登記規則

条文[編集]

(登記事項証明書等の請求の通則)

第18条
  1. 登記事項証明書若しくは法第11条の書面(以下「登記事項要約書」という。)の交付、登記簿の附属書類の閲覧又は印鑑の証明を請求するには、申請書を提出しなければならない。
  2. 前項の申請書には、次に掲げる事項を記載しなければならない。
    一 申請人又はその代表者(当該代表者が法人である場合にあつては、その職務を行うべき者。次章第九節を除き、以下同じ。)若しくは代理人の氏名
    二 請求の目的
    三 登記事項証明書若しくは登記事項要約書の交付又は印鑑の証明を請求するときは、請求に係る書面の通数
    四 手数料の額
    五 年月日
    六 登記所の表示

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
商業登記規則第17条
(帳簿又は書類の廃棄)
商業登記規則
第1章 登記簿等
次条:
商業登記規則第19条
(登記事項証明書の請求)


このページ「商業登記規則第18条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。