商業登記規則第34条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール商業登記法コンメンタール商業登記規則

条文[編集]

(帳簿等の保存期間)

第34条
登記所は、帳簿等を次の区別に従つて保存しなければならない。
一 登記簿
            永久
二 閉鎖した登記記録
            閉鎖した日から二十年間
三 受付帳

             当該年度の翌年から五年間

四 申請書その他の附属書類(次号及び第十号の書類を除く。)
            受付の日から五年間
五 登記事件以外の事件の申請書類(第十号の書類を除く。)
            受付の日から一年間
六 印鑑記録(次号の印鑑記録を除く。)
            永久
第9条の2第1項及び第11条第7項の規定による記録をした印鑑記録
            当該記録をした日から二年間
八 電子証明書ファイルの記録(次号のファイルの記録を除く。)
            永久
九 閉鎖電子証明書ファイルの記録
            閉鎖した日から二十年間
十 電子証明書に係る申請書類及び磁気ディスク
            受付の日から十三年間

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
商業登記規則第33条の18
(準用規定)
商業登記規則
第1章 登記簿等
次条:
商業登記規則第35条
(登記の方法)


このページ「商業登記規則第34条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。