家事審判法第15条の4

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタールコンメンタール家事審判法)(

条文[編集]

第15条の4  
  1. 家庭裁判所は、遺産の分割の審判をするため必要があると認めるときは、相続人に対して、遺産の全部又は一部について競売し、その他最高裁判所の定めるところにより換価することを命ずることができる。
  2. 前条第2項の規定は、前項の規定による審判について準用する。
  3. 前2項の規定は、民法第958条の3第1項 の規定による相続財産の処分の審判について準用する。この場合において、第1項中「相続人」とあるのは、「相続財産の管理人」と読み替えるものとする。

解説[編集]

  • 民法第958条の3(特別縁故者に対する相続財産の分与)

参照条文[編集]

このページ「家事審判法第15条の4」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークへどうぞ。