有機化学/基

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有機化学>基

基とは何か[編集]

基とは官能基や炭化水素基などひとまとまりの原子団を指す。

官能基の種類[編集]

酸素を含む化合物[編集]

官能基化合物の一般名化合物の例
ヒドロキシ基-OHアルコールメタノールCH3-OH
フェノール類フェノールC6H5-OH
アルデヒド基-CHOアルデヒドアセトアルデヒドCH3-CHO
カルボニル基>COケトンアセトンCH3-CO-CH3
カルボキシ基-COOHカルボン酸酢酸CH3-COOH
ニトロ基-NO2ニトロ化合物ニトロベンゼンC6H5-NO2
アミノ基-NH2アミンアニリンC6H5-NH2
スルホ基-SO3Hスルホン酸ベンゼンスルホン酸C6H5-SO3H
エーテル結合-O-エーテルジメチルエーテルCH3-O-CH3
エステル結合-COO-エステル酢酸メチルCH3-COO-CH3

炭化水素基の種類[編集]

炭化水素基のグループ炭化水素基
アルキル基メチル基CH3
エチル基C2H5
(ノルマル)プロピル基CH3CH2CH2
イソプロピル基(CH3)2CH-
ビニル基CH2=CH-
アリール基フェニル基C6H5
ナフチル基C10H7

アルカンからH原子を1個とりのぞいたものをアルキル基といい、アルカンの名前のaneをylに変えて命名する。 エチレンからH原子を1個とりのぞいたものをビニル基という。 芳香族炭化水素からH原子を1個とりのぞいたものをアリール基という。

炭化水素基は一般に「R-」と表されることもある。

ハロゲノ基[編集]

ハロゲン原子も基として働く。ハロゲン原子が基として働く場合、ハロゲノ基といい、各々原子名と違う名前が与えられる。

ハロゲノ基名称原子の英名
F-フルオロ基(Fluoro)フルオリン(Fluorine)
Cl-クロロ基(Chloro)クロリン(Chlorine)
Br-ブロモ基(Bromo)ブロミン(Bromine)
I-ヨード基(Iodo)ヨーディン(Iodine)
At-アスタト基(Astato)アスタティン(Astatine)