コンテンツにスキップ

民事再生法第47条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学民事法コンメンタールコンメンタール民事再生法民事再生法第47条)(

条文[編集]

(善意又は悪意の推定)

第47条
前二条の規定の適用については、第35条第1項の規定による公告(以下「再生手続開始の公告」という。)前においてはその事実を知らなかったものと推定し、再生手続開始の公告後においてはその事実を知っていたものと推定する。

解説[編集]

参照条文[編集]

前二条

民事再生法第45条(開始後の登記及び登録)
民事再生法第46条(開始後の手形の引受け等)

判例[編集]

このページ「民事再生法第47条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。