民事執行法第35条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタールコンメンタール民事執行法

条文[編集]

(請求異議の訴え)

第35条
  1. 債務名義(第22条第二号、第三号の二又は第四号に掲げる債務名義で確定前のものを除く。以下この項において同じ。)に係る請求権の存在又は内容について異議のある債務者は、その債務名義による強制執行の不許を求めるために、請求異議の訴えを提起することができる。裁判以外の債務名義の成立について異議のある債務者も、同様とする。
  2. 確定判決についての異議の事由は、口頭弁論の終結後に生じたものに限る。
  3. 第33条第2項及び前条第2項の規定は、第1項の訴えについて準用する。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事執行法第34条
(執行文付与に対する異議の訴え)
民事執行法
第2章 強制執行
第1節 総則
次条:
民事執行法第36条
(執行文付与に対する異議の訴え等に係る執行停止の裁判)
このページ「民事執行法第35条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。