民事執行法第34条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタールコンメンタール民事執行法

条文[編集]

(執行文付与に対する異議の訴え)

第34条
  1. 第27条の規定により執行文が付与された場合において、債権者の証明すべき事実の到来したこと又は債務名義に表示された当事者以外の者に対し、若しくはその者のために強制執行をすることができることについて異議のある債務者は、その執行文の付された債務名義の正本に基づく強制執行の不許を求めるために、執行文付与に対する異議の訴えを提起することができる。
  2. 異議の事由が数個あるときは、債務者は、同時に、これを主張しなければならない。
  3. 前条第2項の規定は、第1項の訴えについて準用する。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事執行法第33条
(執行文付与の訴え)
民事執行法
第2章 強制執行
第1節 総則
次条:
民事執行法第35条
(請求異議の訴え)
このページ「民事執行法第34条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。