民事執行法第38条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタール民事訴訟法コンメンタール民事執行法

条文[編集]

(第三者異議の訴え)

第38条
  1. 強制執行の目的物について所有権その他目的物の譲渡又は引渡しを妨げる権利を有する第三者は、債権者に対し、その強制執行の不許を求めるために、第三者異議の訴えを提起することができる。
  2. 前項に規定する第三者は、同項の訴えに併合して、債務者に対する強制執行の目的物についての訴えを提起することができる。
  3. 第1項の訴えは、執行裁判所が管轄する。
  4. 前二条の規定は、第一項の訴えに係る執行停止の裁判について準用する。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民事執行法第37条
(終局判決における執行停止の裁判等)
民事執行法
第2章 強制執行
第1節 総則
次条:
民事執行法第39条
(強制執行の停止)


このページ「民事執行法第38条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。