民事訴訟法第189条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民事訴訟法

条文[編集]

(過料の裁判の執行)

第188条
  1. この章の規定による過料の裁判は、検察官の命令で執行する。この命令は、執行力のある債務名義と同一の効力を有する。
  2. 過料の裁判の執行は、民事執行法(昭和54年法律第4号)その他強制執行の手続に関する法令の規定に従ってする。ただし、執行をする前に裁判の送達をすることを要しない。
  3. 刑事訴訟法(昭和23年法律第131号)第507条の規定は、過料の裁判の執行について準用する。
  4. 過料の裁判の執行があった後に当該裁判(以下この項において「原裁判」という。)に対して即時抗告があった場合において、抗告裁判所が当該即時抗告を理由があると認めて原裁判を取り消して更に過料の裁判をしたときは、その金額の限度において当該過料の裁判の執行があったものとみなす。この場合において、原裁判の執行によって得た金額が当該過料の金額を超えるときは、その超過額は、これを還付しなければならない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

前条:
民事訴訟法第188条
(疎明)
民事訴訟法
第2編 第一審の訴訟手続

第4章 証拠

第1節 総則
次条:
民事訴訟法第190条
(証人義務)


このページ「民事訴訟法第189条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。