民事訴訟法第353条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(通常の手続への移行)

第353条
  1. 原告は、口頭弁論の終結に至るまで、被告の承諾を要しないで、訴訟を通常の手続に移行させる旨の申述をすることができる。
  2. 訴訟は、前項の申述があった時に、通常の手続に移行する。
  3. 前項の場合には、裁判所は、直ちに、訴訟が通常の手続に移行した旨を記載した書面を被告に送付しなければならない。ただし、第1項の申述が被告の出頭した期日において口頭でされたものであるときは、その送付をすることを要しない。
  4. 第2項の場合には、手形訴訟のため既に指定した期日は、通常の手続のために指定したものとみなす。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第352条
(証拠調べの制限)
民事訴訟法
第5編 手形訴訟及び小切手訴訟に関する特則
次条:
民事訴訟法第354条
(口頭弁論の終結)
このページ「民事訴訟法第353条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。