民事訴訟法第369条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(反訴の禁止)

第369条
少額訴訟においては、反訴を提起することができない。

解説[編集]

少額訴訟は迅速な審理を旨とし、原則1期日でその審理が完了することとされている(370条1項)。仮に、反訴を許すとすると迅速な審理が達成できない。そこで、少額訴訟では反訴の提起を禁ずることとした。

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第368条
(少額訴訟の要件等)
民事訴訟法
第6編 少額訴訟に関する特則
次条:
民事訴訟法第370条
(一期日審理の原則)