民事訴訟法第385条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(申立ての却下)

第385条
  1. 支払督促の申立てが第382条若しくは第383条の規定に違反するとき、又は申立ての趣旨から請求に理由がないことが明らかなときは、その申立てを却下しなければならない。請求の一部につき支払督促を発することができない場合におけるその一部についても、同様とする。
  2. 前項の規定による処分は、相当と認める方法で告知することによって、その効力を生ずる。
  3. 前項の処分に対する異議の申立ては、その告知を受けた日から一週間の不変期間内にしなければならない。
  4. 前項の異議の申立てについての裁判に対しては、不服を申し立てることができない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第384条
(訴えに関する規定の準用)
民事訴訟法
第7編 督促手続
第1章 総則
次条:
民事訴訟法第386条
(支払督促の発付等)
このページ「民事訴訟法第385条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。