民事訴訟法第94条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(期日の呼出し)

第94条
  1. 期日の呼出しは、呼出状の送達、当該事件について出頭した者に対する期日の告知その他相当と認める方法によってする。
  2. 呼出状の送達及び当該事件について出頭した者に対する期日の告知以外の方法による期日の呼出しをしたときは、期日に出頭しない当事者、証人又は鑑定人に対し、法律上の制裁その他期日の不遵守による不利益を帰することができない。ただし、これらの者が期日の呼出しを受けた旨を記載した書面を提出したときは、この限りでない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第93条
(期日の指定及び変更)
民事訴訟法
第1編 総則
第5章 訴訟手続
第3節 期日及び期間
次条:
民事訴訟法第95条
(期間の計算)
このページ「民事訴訟法第94条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。