民法第100条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第1編 総則 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(本人のためにすることを示さない意思表示

第100条
代理人本人のためにすることを示さないでした意思表示は、自己のためにしたものとみなす。ただし、相手方が、代理人が本人のためにすることを知り、又は知ることができたときは、前条第1項の規定を準用する。

解説[編集]

代理意思(効果意思)と表示とが一致しないことを理由に、代理人が錯誤無効を主張することを禁止した規定である。代理人が「本人のためにすることを示して」意思表示をした場合(顕名)については、民法第99条を参照。 商法には、特別規定があり、顕名がなくとも効果は本人に帰属する。

参照条文[編集]


前条:
民法第99条
(代理行為の要件及び効果)
民法
第1編 総則
第5章 法律行為
第3節 代理
次条:
民法第101条
(代理行為の瑕疵)
このページ「民法第100条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。