民法第1015条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続

条文[編集]

(遺言執行者の行為の効果)

第1015条
遺言執行者がその権限内において遺言執行者であることを示してした行為は、相続人に対して直接にその効力を生ずる。

改正経緯[編集]

2018年改正により以下の条項から改正。

(遺言執行者の地位)

遺言執行者は、相続人の代理人とみなす。

解説[編集]

遺言執行者は、遺言の執行について独占的な履行権を有するものであり(民法第1012条第2項)、必ずしも、相続人の代理をしているものではなく、改正前は誤解を与える表現と言えた。遺言執行者は、執行を委ねられた相続財産について各種の行為が可能であるが、その権限内(相続財産の範囲)において、相続人が執行したのと同等の効果が発生する。

参照条文[編集]


前条:
民法第1014条
(特定財産に関する遺言の執行)
民法
第5編 相続

第7章 遺言

第4節 遺言の執行
次条:
民法第1016条
(遺言執行者の復任権)


このページ「民法第1015条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。