民法第913条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(共同相続人間の担保責任)

第911条
担保の責任を負う共同相続人中に償還をする資力のない者があるときは、その償還することができない部分は、求償者及び他の資力のある者が、それぞれその相続分に応じて分担する。ただし、求償者に過失があるときは、他の共同相続人に対して分担を請求することができない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民法第912条
(遺産の分割によって受けた債権についての担保責任)
民法
第5編 相続
第3章 相続の効力
第3節 遺産の分割
次条:
民法第914条
(遺言による担保責任の定め)
このページ「民法第913条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。