民法第1012条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(遺言執行者の権利義務)

第1012条
  1. 遺言執行者は、遺言の内容を実現するため、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する。
  2. 遺言執行者がある場合には、遺贈の履行は、遺言執行者のみが行うことができる。
  3. 第644条第645条から第647条まで及び第650条の規定は、遺言執行者について準用する。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第1011条
(相続財産の目録の作成)
民法
第5編 相続

第7章 遺言

第4節 遺言の執行
次条:
民法第1013条
(遺言の執行の妨害行為の禁止)


このページ「民法第1012条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。