民法第418条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(過失相殺)

第418条
債務不履行に関して債権者過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の責任及びその額を定める。

解説[編集]

本条は、債務不履行に基づく損害賠償請求について、債権者に過失があったときの過失相殺について定める。

債務不履行に基づく損害賠償請求がなされた場合に債権者にも過失があった場合、裁判官がそれを認定すれば、債務者から過失相殺する旨の主張がなくても必ず過失相殺される。なお、不法行為に基づく損害賠償における過失相殺(民法第722条)の場合は、被害者の過失を裁判官が認定しても必ず過失相殺されるわけではない点で異なる。

  • 債務不履行
  • 債権者の過失

参照条文[編集]


前条:
民法第417条
(損害賠償の方法)
民法
第3編 債権
第1章 総則
第2節 債権の効力
次条:
民法第419条
(金銭債務の特則)
このページ「民法第418条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。