民法第461条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(主たる債務者が保証人に対して償還をする場合)

第461条
  1. 前二条の規定により主たる債務者が保証人に対して償還をする場合において、債権者が全部の弁済を受けない間は、主たる債務者は、保証人に担保を供させ、又は保証人に対して自己に免責を得させることを請求することができる。
  2. 前項に規定する場合において、主たる債務者は、供託をし、担保を供し、又は保証人に免責を得させて、その償還の義務を免れることができる。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第460条
(委託を受けた保証人の事前の求償権)
民法
第3編 債権
第1章 総則
第3節 多数当事者の債権及び債務
次条:
民法第462条
(委託を受けない保証人の求償権)
このページ「民法第461条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。