民法第462条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法民法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

委託を受けない保証人の求償権)

第462条
  1. 主たる債務者の委託を受けないで保証をした者が弁済をし、その他自己の財産をもって主たる債務者にその債務を免れさせたときは、主たる債務者は、その当時利益を受けた限度において償還をしなければならない。
  2. 主たる債務者の意思に反して保証をした者は、主たる債務者が現に利益を受けている限度においてのみ求償権を有する。この場合において、主たる債務者が求償の日以前に相殺の原因を有していたことを主張するときは、保証人は、債権者に対し、その相殺によって消滅すべきであった債務の履行を請求することができる。

解説[編集]

主たる債務者の委託を受けない保証人(債権者と保証人との契約で保証契約は成立する)の求償権についての規定である。

参照条文[編集]


前条:
民法第461条
(主たる債務者が保証人に対して償還をする場合)
民法
第3編 債権
第1章 総則
第3節 多数当事者の債権及び債務
次条:
民法第463条
(通知を怠った保証人の求償の制限)
このページ「民法第462条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。