民法第514条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(債務者の交替による更改

第514条
債務者の交替による更改は、債権者と更改後に債務者となる者との契約によってすることができる。ただし、更改前の債務者の意思に反するときは、この限りでない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民法第513条
(更改)
民法
第3編 債権
第1章 総則
第5節 債権の消滅
次条:
民法第515条
(債権者の交替による更改)
このページ「民法第514条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。