民法第595条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)民法第595条

条文[編集]

(借用物の費用の負担)

第595条

  1. 借主は、借用物の通常の必要費を負担する。
  2. 第583条第二項の規定は、前項の通常の必要費以外の費用について準用する。

解説[編集]

必要費とは目的物の保存・管理・維持に必要とされる費用のことで、本条にいう「通常の必要費」とは、不動産の固定資産税などの公租公課や借用物の現状を維持するのに必要な修繕・補修費などをいう。

参照条文[編集]

次 第596条(貸主の担保責任)

判例[編集]

最判平5年2月18日

このページ「民法第595条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。