民法第620条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

賃貸借解除の効力)

第620条
賃貸借の解除をした場合には、その解除は、将来に向かってのみその効力を生ずる。この場合において、損害賠償の請求を妨げない。

改正経緯[編集]

2017年改正において以下の通り改正。

(改正前)この場合において、当事者の一方に過失があったときは、その者に対する損害賠償の請求を妨げない。
(改正後)この場合においては、損害賠償の請求を妨げない。

過失は一方のみにおいて発生するものと限らず、双方にて発生した場合、それは相殺した上で損害賠償の請求ができる。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民法第619条
(賃貸借の更新の推定等)
民法
第3編 債権

第2章 契約

第7節 賃貸借
次条:
民法第621条
(損害賠償及び費用の償還の請求権についての期間の制限)
このページ「民法第620条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。