民法第647条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(受任者の金銭の消費についての責任)

第647条
受任者は、委任者に引き渡すべき金額又はその利益のために用いるべき金額を自己のために消費したときは、その消費した日以後の利息を支払わなければならない。この場合において、なお損害があるときは、その賠償の責任を負う。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民法第646条
(受任者による受取物の引渡し等)
民法
第3編 債権
第2章 契約
第10節 委任
次条:
民法第648条
(受任者の報酬)
このページ「民法第647条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。