民法第662条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

寄託者による返還請求)

第662条
当事者が寄託物の返還の時期を定めたときであっても、寄託者は、いつでもその返還を請求することができる。

解説[編集]

期限の有無に関係なくいつでも返還請求出来るのは、寄託が寄託者の利益のための制度だからである。
有償寄託の場合、期限前に返還したことによる損害を請求できる。

前条:
民法第661条
(寄託者による損害賠償)
民法
第3編 債権
第2章 契約
第11節 寄託
次条:
民法第663条
(寄託物の返還の時期)
このページ「民法第662条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。