民法第667条の3

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権

条文[編集]

(組合員の一人についての意思表示の無効等)

民法第667条の3
組合員の一人について意思表示の無効又は取消しの原因があっても、他の組合員の間においては、組合契約は、その効力を妨げられない。

解説[編集]

2017年改正により新設。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第667条の2
(他の組合員の債務不履行)
民法
第3編 債権

第2章 契約

第12節 組合
次条:
民法第668条
(組合財産の共有)


このページ「民法第667条の3」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。