民法第679条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(組合員の脱退)

第679条
前条の場合のほか、組合員は、次に掲げる事由によって脱退する。
一  死亡
二  破産手続開始の決定を受けたこと。
三  後見開始の審判を受けたこと。
四  除名

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民法第678条
(組合員の脱退)
民法

第3編 債権
第2章 契約
第12節 組合

次条:
民法第680条
(組合員の除名)
このページ「民法第679条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。