民法第859条の3

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)>民法第859条の3

条文[編集]

成年被後見人の居住用不動産の処分についての許可)

第859条の3

成年後見人は、成年被後見人に代わって、その居住の用に供する建物又はその敷地について、売却、賃貸、賃貸借の解除又は抵当権の設定その他これらに準ずる処分をするには、家庭裁判所の許可を得なければならない。

解説[編集]

居住環境の変化は、被補助人に重大な影響を与えることから、被補助人保護のために規定されている。

参照条文[編集]


前条:
民法第859条の2
(成年後見人が数人ある場合の権限の行使等)
民法
第4編 親族
第5章 後見
第3節 後見の事務
次条:
民法第860条
(利益相反行為)
このページ「民法第859条の3」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。