自然環境保全法第30条の4

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学環境法自然環境保全法コンメンタール自然環境保全法

条文[編集]

(認定の取消し)

第30条の4

環境大臣は、前条第三項の認定を受けた者が次の各号のいずれかに該当するときは、同項の認定を取り消すことができる。
生態系維持回復事業計画に従つて生態系維持回復事業を行つていないと認めるとき。
二 その生態系維持回復事業を適正かつ確実に行うことができなくなつたと認めるとき。
三 前条第六項又は第九項の規定に違反したとき。
四 次条の規定による報告をせず、又は虚偽の報告をしたとき。
五 偽りその他の不正の手段により前条第三項又は第六項の認定を受けたとき。

解説[編集]

本条は、生態系維持回復事業における認定の取消しに関する規定である。

参照条文[編集]


前条:
自然環境保全法第30条の3
(生態系維持回復事業の実施)
自然環境保全法
第4章 自然環境保全地域
第三節 生態系維持回復事業
次条:
自然環境保全法第30条の5
(報告徴収)
このページ「自然環境保全法第30条の4」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。