行政不服審査法第35条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学行政法コンメンタール行政不服審査法

条文[編集]

(執行停止の取消し)

第35条
執行停止をした後において、執行停止が公共の福祉に重大な影響を及ぼし、又は処分の執行若しくは手続の続行を不可能とすることが明らかとなつたとき、その他事情が変更したときは、審査庁は、その執行停止を取り消すことができる。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第34条
(執行停止)
行政不服審査法
第2章 手続
第2節 処分についての審査請求
次条:
第36条
(手続の承継)
このページ「行政不服審査法第35条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。