讃岐弁

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項は讃岐弁(西讃弁)の簡単な解説である。文・アクセント記号・単語・訳の四つからなる例文を単位にして語法を解説していく。「○○の発音と同じ」や「~~であるが讃岐弁で○○という」やこのような文は全て共通語(標準語)を念頭においている。

アクセント記号[編集]

アクセントを表すのに仮名一音ごとに「高」と「低」を表すH(英語のhighの頭文字)とL(英語のlowの頭文字)を用いる。例えば共通語の「船」ならば「ふ」が高く「ね」で下がるのでHL 、「長い」ならば「な」が低く「が」が高く「い」が低いのでLHLとなる。同様に「持ってきた」はHLLLL 、「雀が飛びました」はLHHH LHHLLである。

単語[編集]

方言として讃岐人によく知られているもののみを用いており実際に話されている単語を網羅していない。

目次[編集]

  1. ~じゃ/~や
  2. 否定の「ん」
  3. ウ音便
  4. ~けん/~きん
  5. ~よる/~とる
  6. ~げな
  7. ~してつか
  8. [[[未定]]]
  9. [[[未定]]]
  10. [[[未定]]]
  11. 単語集