コンテンツにスキップ

音声ファイルで聴くクラシック音楽入門/バロック音楽・古楽/チェンバロの曲

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

チェンバロの曲を鑑賞する[編集]

チェンバロのしくみの動画。
鍵盤をたたくと、ジャックという木製の棒が上下して、爪が弦をはじいて音を出します。
 チェンバロ[1]ドイツ語 Cembalo)はオルガンピアノなどと同じ鍵盤楽器で、英語ではハープシコードHarpsichord)、フランス語ではクラヴサンClavecin)などと呼ばれます。
 チェンバロは、プレクトラムPlectrum)という爪状のもので金属製の弦をはじいて音を出します。ピアノは、ハンマーで弦をたたいて音を出しますので、しくみが異なります。15世紀に登場したチェンバロは、音に強弱をつけられるピアノが登場すると、18世紀末にはおとろえてしまいますが、現代では見直されて、古楽の演奏などに用いられています。


 チェンバロ向けに作曲された楽曲は、20世紀以降の現代ではピアノで演奏されることも多いです。
#チェンバロ演奏とピアノ演奏の聴き比べ もしてみましょう。
 なお、以下の マークは、ピアノ演奏を示します。

チェンバロの動画[編集]

作曲者 曲 名 動画ファイル 再生時間・
保存形式・
サイズ
コメント
J.S. バッハ 『十二の小前奏曲』[2]
(BWV 924–930, 939–942, 999)
 より 第2曲 BWV 939
0分32秒
Ogv
215 kbps(小)
  〃 第3曲 BWV 999[3] 1分39秒
Ogv
7.59 Mbps
  〃 第5曲 BWV 926[4] 1分20秒
Ogv
1.12 Mbps
J.S. バッハ 『六つの小前奏曲』
 (BWV 933-938)[5]より
  BWV 933
1分38秒
Ogv
1.31 Mbps
  BWV 934 0分56秒
Ogv
1.31 Mbps
D.スカルラッティ ソナタ K.32 L.423 1分32秒
Ogv
230 kbps(小)
ヘンデル チェンバロ組曲第2集』より
  第1番(HWV 434) 第4曲 
1分21秒
Ogv
1.11 Mbps
クープラン クラヴサン曲集第1巻[6]より
 第3オルドル[7] 第1曲
1分19秒
Ogv
297 kbps

|- style="text-align:left;font-family:Times New Roman;font-size:13pt;" ! style="font-size:11pt;"|[[|border|100px]] | style="font-size:10pt;"|[[:|分秒

]] | style="font-size:9pt;"|

チェンバロの音声ファイル[編集]

作曲者 曲 名 発表年 音声ファイル 再生
時間
ドメニコ・スカルラッティ[8]Domenico Scarlatti 1685–1757)はイタリアの作曲家で、父アレッサンドロも作曲家です。
チェンバロなど鍵盤楽器の奏者でもあり、550曲を超える独奏曲を作曲しました。全部聴けます➡ List of solo keyboard sonatas
D.スカルラッティ[9] 「ソナタ K.466」[10] 1754 ~ 1757 3分20秒
「ソナタ K.87」[11] 1739 ~ 1752 2分11秒
D.スカルラッティ[9] 『チェンバロのための練習曲集』[12][13]
 より ソナタ K.9 [14]
1738 4分23秒
  〃 ソナタ K.10 [15] 2分48秒
  〃 ソナタ K.20 [16] 2分56秒
  〃 ソナタ K.30 [17]
   "猫のフーガ"
4分12秒
J.S. バッハ 『クラヴィーア練習曲集』第4巻
「2段鍵盤付きクラヴィチェンバロのための
 アリアと種々の変奏」(BWV 988)
 "ゴルトベルク変奏曲"
 より アリア
1740?[18] 5分02秒 c
J.S. バッハ 『クラヴィーア練習曲集』第2巻
「イタリア趣味による協奏曲」(BWV 971)
 "イタリア風協奏曲"
  より 第1楽章
1735頃[18] 4分23秒
  〃  第2楽章 5分30秒
  〃  第3楽章 3分17秒
J.S. バッハ 『クラヴィーア練習曲集』第1巻
パルティータ」(BWV 825-830)
 第2番[19] 第1曲 シンフォニア
1725–
1727[18]
4分22秒
c
  〃   第2曲 アルマンド 1分58秒
  〃   第3曲 クーラント 2分06秒
  〃   第4曲 サラバンド 3分25秒
  〃   第5曲 ロンドー 1分25秒
  〃   第6曲 カプリッチョ 1分52秒
ラモー 『新クラヴサン組曲集』[20][21] 第5巻[22] より
  第7曲 ガヴォットと6つの変奏[23]
1726-
1727
2分31秒
『新クラヴサン組曲集』 第6巻[24] より
  第4曲 雌鶏[25]
3分06秒
ラモー クラヴサン曲集と運指法』第2巻 [26] より
  第7曲 ロンド形式のミュゼット[27]
1724 2分33秒
  第8曲 タンブーラン 1分05秒
クラヴサン曲集と運指法』第3巻 [28] より
  第2曲 ソーローニュのおんどり[29]
1724 5分24秒
  第7曲 つむじ風 2分08秒
J.S. バッハ 平均律クラヴィーア曲集
 第1巻 第1番 (BWV 846)[30]
 より 前奏曲[31]
1722[18] 2分02秒 c
ヘンデル [32] チェンバロ組曲第1集』より
  第2番(HWV 427) 第1曲 
1720 2分45秒
   〃   〃     第3曲  1分55秒
  第4番(HWV 429) 第2曲 1分17秒
  第5番(HWV 430) 第4曲
   "調子の良い鍛冶屋"
5分00秒
チェンバロ組曲第2集』より
  第4番(HWV 437) 第4曲 
1720 3分20秒
クープラン クラヴサン奏法[33]
 より 第五前奏曲
1716 2分16秒
  〃
 (テンペラメント・オルディネール
 による演奏)
2分20秒
J.S. バッハ イギリス組曲』 第1番 (BWV 806)
 より 前奏曲
1714頃[18] 1分58秒
パッヘルベル 第一旋法によるマニフィカト・フーガ」[34]
 より 第1番
1695[35] 2分25秒
B.パスクィーニ[36]
(1637–1710)
トッカータカッコウスケルツォ[37] 17~18世紀頃 3分51秒
A.ポリエッティ[38]
(?–1683)
『ロシニョーロ』より
 ドイツ風アリアと20の変奏
1677 10分31秒
「雄鶏と雌鶏の鳴き声による
 カンツォーネとカプリッチョ」
17世紀頃 3分49秒
「ハンガリーの反乱」によるトッカーティーナ[39] 1671 11分24秒
J.J.フローベルガー
(1616–1667)
「ブランシュローシュ氏の死に寄せる
 パリで作られた墳墓」 (FbWV 632)
17世紀頃 3分02秒
「ファンタジア(幻想曲)第2番」(FbWV 202) 4分07秒
「ローマ王フェルディナンド4世の悲しき死
 に捧げる哀歌」(FbWV 612)
6分08秒
A.バンキエリ
(1568–1634)
「バッタリア(戦い)」(作品番号25 [40] 1611 [40] 2分33秒
G.フレスコバルディ
(1583–1643)
トッカータ 3」 16~17世紀頃 4分01秒
G.ピッキ
(1571/72–1643)
「ポーランドとハンガリーの舞曲」 16~17世紀頃 3分51秒
W.バード
(1543–1623)
フィッツウィリアム・ヴァージナル曲集
 より アルマン
16~17世紀頃 1分14秒

チェンバロ演奏とピアノ演奏の聴き比べ[編集]

チェンバロ演奏 ピアノ演奏
 ジャン=フィリップ・ラモー作曲
  『新クラヴサン組曲集』[41][42] 第5巻[43] より
    第7曲 ガヴォットと6つの変奏[44](1726-1727頃)
2分31秒
演奏:マーサ・ゴールドスタイン
Martha Goldstein (1919–2014) ??)
6分47秒
演奏:マルセル・メイエ
Marcelle Meyer (1897–1958)
 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ作曲
  『クラヴィーア練習曲集』第4巻
「2段鍵盤付きクラヴィチェンバロのためのアリアと種々の変奏」(BWV 988)
   "ゴルトベルク変奏曲" より アリア(1740年?[18])
5分2秒
演奏:利用者 Membeth
(Digitised Harpsichord
(Yamaha Clavinova CLP-470))
5分0秒
演奏:キミコ・ダグラス=イシザカ
Kimiko Douglass-Ishizaka (1976- )[45]
 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ作曲
  平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 (BWV 846)[46]
   より 前奏曲(1722年[18])
2分2秒
演奏:利用者 Robert Schröter による録音・投稿
2分59秒
演奏:Kevin MacLeod(許諾)



|- ! colspan="6" |

|- style="text-align:left;font-family:Times New Roman;font-size:12pt;" | rowspan="1" | style="font-size:9pt;" | |[[]] | style="font-size:8pt;"|[[:|分秒]]

脚注[編集]

  1. ^ チェンバロとは - コトバンク
  2. ^ w:en:Twelve Little Preludes
  3. ^ w:en:Prelude in C minor, BWV 999
  4. ^ w:en:Prelude in C minor, BWV 999
  5. ^ w:en:Six Little Preludes (Bach)
  6. ^ w:fr:Premier livre de pièces de clavecin de Couperin
  7. ^ w:fr:Premier_livre_de_pièces_de_clavecin_de_Couperin#3e_ordre_(en_ut)
  8. ^ スカルラッティとは - コトバンク
  9. ^ 9.0 9.1 c:Category:Harpsichord music by D. Scarlatti
  10. ^ w:fr:Sonate K. 466
  11. ^ w:fr:Sonate K. 87
  12. ^ w:en:Essercizi per gravicembalo
  13. ^ w:en:List of solo keyboard sonatas by Domenico Scarlatti
  14. ^ w:fr: Sonate K. 9
  15. ^ w:fr:Sonate K. 10
  16. ^ w:fr:Sonate K. 20
  17. ^ w:fr:Sonate K. 30, w:en:Cat fugue
  18. ^ 18.0 18.1 18.2 18.3 18.4 18.5 18.6 w:en:List_of_compositions_by_Johann_Sebastian_Bach 参照。
  19. ^ w:en:Partita for keyboard No. 2, BWV 826
  20. ^ w:en:Pièces_de_Clavecin#Nouvelles_Suites_de_Pièces_de_Clavecin_(1726–1727)
  21. ^ w:fr:Troisième livre de pièces de clavecin de Rameau
  22. ^ w:en:Pièces_de_Clavecin#Suite_in_A_minor,_RCT_5
  23. ^ 新クラヴサン組曲集 第1番(第4組曲) ガヴォットと6つの変奏/Nouvelles suites de pièces de clavecin "Gavotte et 6 doubles" - ラモー - ピティナ・ピアノ曲事典
  24. ^ w:en:Pièces_de_Clavecin#Suite_in_G_major/G_minor,_RCT_6
  25. ^ 新クラヴサン組曲集 第2番(第5組曲) 雌鶏/Nouvelles suites de pièces de clavecin "La poule" - ラモー - ピティナ・ピアノ曲事典
  26. ^ w:en:Pièces_de_Clavecin#Pièces_de_Clavessin_(1724)
  27. ^ クラヴサン曲集と運指法 第1番(第2組曲) ロンドー形式のミュゼット/Pièces de clavecin avec une mèthode sur la mècanique des doigts "Musette en rondeau" - ラモー - ピティナ・ピアノ曲事典
  28. ^ w:en:Pièces_de_Clavecin#Suite_in_D_major,_RCT_3
  29. ^ クラヴサン曲集と運指法 第2番(第3組曲) ソローニュのひなどり/Pièces de clavecin avec une mèthode sur la mècanique des doigts  "Les niais de Sologne" - ラモー - 楽譜一覧 - ピティナ・ピアノ曲事典
  30. ^ w:en:Prelude and Fugue in C major, BWV 846
  31. ^ 前奏曲の部分は、シャルル・グノーが『アヴェ・マリア』の伴奏に用いたことでも知られています。
  32. ^ c:Category:Harpsichord music by GF Handel
  33. ^ w:en:L'art de toucher le clavecin
  34. ^ w:en:List_of_compositions_by_Johann_Pachelbel#Magnificat_fugues
  35. ^ Fugue in F minor, P.157 (Pachelbel, Johann) - IMSLP/ペトルッチ楽譜ライブラリー: パブリックドメインの無料楽譜
  36. ^ ベルナルド・パスクィーニ (Bernardo Pasquini) - 作曲家(クラシック) - NML ナクソス・ミュージック・ライブラリー
  37. ^ https://ml.naxos.jp/opus/422214
  38. ^ w:en:Alessandro Poglietti
  39. ^ ポリエッティ:イル・ロシニョーロ/「ハンガリーの反乱」によるトッカーティーナ(ロレジャン) - TC621601 - NML ナクソス・ミュージック・ライブラリー
  40. ^ 40.0 40.1 La Battaglia, Op.25 No.20 (Banchieri, Adriano) - IMSLP/ペトルッチ楽譜ライブラリー: パブリックドメインの無料楽譜
  41. ^ w:en:Pièces_de_Clavecin#Nouvelles_Suites_de_Pièces_de_Clavecin_(1726–1727)
  42. ^ w:fr:Troisième livre de pièces de clavecin de Rameau
  43. ^ w:en:Pièces_de_Clavecin#Suite_in_A_minor,_RCT_5
  44. ^ 新クラヴサン組曲集 第1番(第4組曲) ガヴォットと6つの変奏/Nouvelles suites de pièces de clavecin "Gavotte et 6 doubles" - ラモー - ピティナ・ピアノ曲事典
  45. ^ 「オープン・ゴルトベルク変奏曲」(Open Goldberg Variations)という同曲をパブリックドメインとして提供するプロジェクトに、この演奏を提供しているため、著作権をクリアしています。
  46. ^ w:en:Prelude and Fugue in C major, BWV 846

関連項目[編集]

関連記事[編集]

Commons
ウィキメディア・コモンズに、Harpsichordに関連するマルチメディアがあります。
Commons
ウィキメディア・コモンズに、Harpsichordsに関連するマルチメディアがあります。
Commons
ウィキメディア・コモンズに、Harpsichords in artに関連するマルチメディアがあります。
Commons
ウィキメディア・コモンズに、Harpsichord musicに関連するマルチメディアがあります。
Commons
ウィキメディア・コモンズに、Videos of harpsichordsに関連するマルチメディアがあります。
Commons
ウィキメディア・コモンズに、Audio files of harpsichord musicに関連するマルチメディアがあります。
Commons
ウィキメディア・コモンズに、Audio files of music for harpsichordに関連するマルチメディアがあります。


外部リンク[編集]